獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[16]タイ]ワット・パー・ラックローイ〜地獄ゾーン〜

[*閲覧注意]今回の記事はグロテスクな内容を含んでいますので、苦手な方は飛ばして頂くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこんな感じ


 

予想以上に広い敷地と圧倒的な熱量。
今回はワット・パー・ラックローイの核とも言える「地獄ゾーン」のご紹介です。

 

 

全体的に見たところ、因果応報の教えを色々と具現化したのかな?

この世で悪いことしたらあの世で自分に返ってくるよ、人間て傲慢だね、みたいな。

それとも地獄ってこんなに悲惨なとこだから悪いことしちゃダメだよ、というところなのか…。

とまあメッセージはまともなんですが、やはり良い感じでB級クオリティなところが個人的にツボでした。

 

 

 

それではじっくり見てまいります。

 

 

蛙地獄。無表情なのが怖い。

 

トカゲもいます

 

いじめた子供に因果応報

 

お次はネズミ地獄

 

ネズミさん、顔こわいよ

 

鳥地獄

 

こわいよ

 

樹木地獄。森林伐採の恨み、妖精から返されます。

 

だから顔こわいよ

 

酪農の報いシリーズ

 

そろそろ顔こわいのも慣れてきた


 

 

 

飲酒運転の報い

 

芸が細かい!

 

軍隊の授業を受ける子供たち

 

希望に満ちた表情(妙に老けてはいるが)

 

やっぱり報いを受けてしまいました

 

二股の報い

 

これもまあ…

 

一種の地獄…

 

よくわからないのも多数あり

 

 

 

 

あと犬に性器を食われるシーンによく遭遇しました。

 

 

 

 

…とまあこのような具合で丸2日かけて見てまわりました。

クオリティは完全にB級ですが、全て手作りというこの像たちの物量と熱量に完全にヤられてしまいました。感動しました。

 

写真はまだ刺激の少ないものをチョイスしたほうですが、やはりちょっとグロテスクなものが多いのでブログに上げるか正直迷いました。

でも今の時代、検索したら僕が省いたような写真もすぐ出てくるし、一応閲覧注意のただし書きだけして紹介することに。

僕がこの寺に行こうと思ったのも人の写真を見たからだし、実際に見て感動したし、そうして他の誰かの人生が豊かになってくれたら、と思っていたりもします。

その辺がこのブログの目的の一つでもあるので。

 

何はともあれ、このブログを早いとこ完結させたい…笑

 

 

 

 

ナコンラチャシーマを後にし、お次はアユタヤへ。

 

 

 

 

つづく