読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[17]ネパール]ポカラ〜移動とヤシャグンバ〜

ヒマラヤトレッキングの間に溜まった汚れを落としきったころ、カトマンズを発つことに。

 

トレッキングのときに飛行機のチケットを取った代理店で保険関係の書類にサイン。

このために数日タメルで時間をつぶしていた。

とにかく仕事が遅かった…それでいて代理店に「書類できた?」と聞きに行くと大体「ボスがいないからわからない」

ボスがいるときに行っても「まだ。それよりポカラいつ行くの?チケットは?」と、人を待たせておいて毎回お金に関わることしか話して来なかったのがなんとも癪に触った。

早いとこ縁を切りたかったので、書類の手続きが終わり次第日本人の方が経営してる代理店でバスのチケットを購入。

割高でも安心して気持ちよく購入出来たので満足。

 

そうして翌日、早朝のバスに乗り込んだ。

車窓からの景色が楽しい。

 

 

 

 

郊外にはれんが工場?煙突がいくつもあった。

 

 

 

トイレ休憩。小屋の後ろへ垂れ流すスタイル。

 

休憩中にタバコを吸ってると若い兄ちゃんたちが「それ大麻?ちょっとちょーだい」と嬉しそうに寄ってきます。

 

半日ほどバスに揺られているうちに、山道を抜け、平野に出る。

 

お花畑の向こうには山脈。

やはり山の上ほど空気が澄んでないからか奇麗には見えない。

 

 

町が見えてきた。

 

 

そうこうしてるうちにペンギン村(宿)へ到着!

 

オーナーのアショカさんは日本に出稼ぎに来ていたらしく、日本語もお上手。

いろいろお世話になりました。

 

カトマンズと同じくポカラも電気を使える時間が限られており、とくにここは太陽光発電だった気がする。

晴れてるときを狙って、ごく短時間で済ませれるなら熱いシャワーが楽しめます。

曇りが続いているときはシャワーの前に準備運動をして身体を温め、冷水で修行僧のようにシャワーを浴びるスタイルを余儀なくされます。

 

 

ポカラではトレッキングしない人は特にすることが無いので、さっと湖だけ見てみる。

 

 

 

宿の旅人とご飯を食べに行ったりもしてるうちに「ヤシャグンバを食べてみよう!」ということに。

 

「ヤシャグンバ」とは冬虫夏草的なもの?なのかよくわからなかったけど、つまりは勢力増強作用のある

 

割とレアなのかボラれてるのか、一匹500円くらいしたような…

お店で見ているとロシア人のおっちゃんが嬉しそうに入って来た。

話を聞くと昨日もヤシャグンバを買いに来た人らしい。

「これ、いいぞ!」

と嬉しそうに言い残しておっちゃんは去っていった。

 

それでは実食ターーーイム。

 

ミルクティーに添えるのがトレンディらしい。

 

食感はなんかシャリシャリグシグシした感じだが変な味はしない。

 

「今夜みんな高まって宿の中がえらいことになったらどうしますー!?」

とかみんなワクワクしてたけど、なんにも起こらず…。

あのロシアのおっちゃんに、効いてるところを見せてもらいたかった。

 

 

あとは本当にもうやること無かったので、近日中にインドに向かう旅人が見つかったので、一緒に初めての陸路でのインド入国に向かうことに。

 

これにてネパールはおしまい。

初めて体験するタイプの文化と地理に感動した。

トレッキングで味わった時間は間違いなく一生の宝物になった。

震災があって失われたものも多い。

あのときのネパールにはもう二度とたどり着けない。

けど、残された人々は必死に復興を頑張っている。

特別なことができる訳ではないけど、応援はしていきたい。

そして、これからのネパールをまたいつか味わいに行きたい。

 

 

ネパール編・おしまい