読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[16]タイ]バンコク〜国王さまの誕生日〜



バンコクに到着した日。


この日はなぜか黄色い服を着た人ばっかり…。










なんでかな〜と思っていたら




この日はタイの国王さまの誕生日だったらしい!!


「国のお父さん」的な存在として人々の先頭に立つ姿が支持を集め、タイでかなりの人気を誇る国王さま。
研究室に一時留学していたタイ人に聞いたところによると、この翌日の祝賀集会では広場に20万人が黄色い服を着て集まったとか。
日本の首相とえらい違いや。


カオサンのバーでもイベントが。






土産物売りのおばちゃんたちもローソクを持ってお祝い。











で、その後カオサン歩いてると、空から何かみたいなん降ってくる…


なんやねんと思って空を見上げると、今日は星がきれい






と思ったら


タイの空飛ぶ提灯「コーム・ロイ」でした!




これの燃えカスが空から降ってきてたのね。


黄色い服の人たちが夢中で上げてます。









観光客らしき外国人も。






れいっすわ〜






チェンマイのお祭りではこの「コーム・ロイ」と、タイ風灯篭流しの「ロイ・クラトン」が有名。
空飛ぶ無数の提灯は何とも幻想的で、ディズニーの映画のモデルにもなってたほど。

チェンマイの年末は、規模は小さめやけど皆この提灯を空に飛ばして年越しするらしく、このときは年越しをヒマラヤかチェンマイかで悩んでいた。
でも期せずしてバンコクで見れてしまったので、年越しはヒマラヤに決定!となった瞬間でした。


老いも若きも、みんな提灯上げて国王様の誕生日を祝う。


芝生でだらだらする人も多い。





観光局の綺麗なお姉さん。




「私、写真撮られるためにここにいます!!」みたいな人やったからこんな角度からも笑





道はいつもに増して大渋滞。









この提灯、ひとつ150円くらいで買えるみたいやし、せっかくやから上げてみようかな…と思ったが、



周りを見渡すとカップルばっかり。


さすがにここで一人提灯をあげる気にはなれない。


なんか初々しいお二人。




「ほらほら!もうあんなとこまで!」
「うわ〜きれいだね〜!」



「…このあとどうする?」

「ど、どうしよっか…」

「あのね、今日、うち誰もいないんだ…」

「え…」

「…」

「…」

「「えへへっ笑」」







手をつないで帰っていく二人…


一人とぼとぼ宿へ戻る私…





















うえーん笑





つづく