読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[15]エジプト]カイロ〜革命アート〜

前回の続き。


デモ隊の中心部となっているタフリール広場。



このすぐそばにあるカイロ・アメリカン大学付近の壁には2011年のエジプト革命の際に描かれたウォールアートがある。
この「革命アート」はダハブでしばらく宿が一緒やったけいたくんに教えてもらった。

なお、カイロ大学ではなく「カイロ・アメリカン大学」です!!
カイロ大学に行っても近くの動物園くらいしか見どころは無いのでご注意を!(実体験)


ハバナもそうやったけど、革命の余韻が残る町にはウォールアートが多い気がする。


けいたくん曰く一番有名らしいやつ。供えられてる写真は多分犠牲者の方々なんかな…。


有刺鉄線が生々しい。








エジプト人も記念撮影。なんせ欧米?からこのアートを見に来るツアーもあるそうな。










エジプト革命が始まるきっかけの一つが、この青年が警察の不当な暴力によって死亡したことらしい。








壁に絵を描く子供たち。便乗してるだけなのか、思いのたけをぶつけているのか。




先日火炎瓶を投げられていた建物。焼け焦げたドアが痛々しい。



でまあ写真を撮ってると、やっぱり子供が寄ってきますよね。




ガキ大将。他のちびっ子は待たせてピンで撮らせる笑


集合写真はもちろんセンター!


達者でな〜




つづく