読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[11]モロッコ]シャウエン〜ブルー。ぶるー。BLUE。〜




前回に引き続き、ブルーシティ・シャウエンです!
写真を何となく仕分け作業して貼っつけていくことにします!


まずは「壁」。




触っても冷たくはない。


シャウエンなら、壁にかけるだけで立派なお土産ディスプレイ!






ここでアラビアンな服を購入。たぶんボラれている。


「壁」なら「窓」もありまんがな。


そりゃあランプだって付いてまんがな。


でもやはり、「壁」と来たら「看板」!


かわいいコックさん。


かわいい時計屋さん。(おやつの時間)


宿の看板+ツタ。緑もきれいですねー。


こちらのお宿。高そう。


入り口前のくつろぎスペース。


ろうそくが灯る夜も行けば良かった…不覚!




「壁」が集まって、「路地」ができる。




早起きした朝。開店前。


昇っても青。


降りても青。


両脇に青。


足元に青。


「路地」を進んで、「アーチ」をくぐる。






くぐる。くぐる。






「アーチ」をくぐると「広場」に出ました。


「広場」にぽつんと「水飲み場」。




水飲み場も、シャウエンではブルー。ぶるー。BLUE。






「水飲み場」の前を進んだ先は、「行き止まり」。








青と白が逆転。


ここが個人的ベスト・ブルー。




「行き止まり」でも、「ドアの向こう」にさらにブルー。




開け!




見た目とはかなり裏腹に、シャウエンは暑い。笑

そこで僕が取った作戦は「朝シャウエン」
日も昇って間もない早朝、過ごしやすく人気も少ない町中で写真撮り歩き!

三日目の朝。
僕と同じように朝シャウエンしようとしてる欧米人と宿の入口で出会い、
「少し一緒に写真撮って歩かないか?」と誘われた。
早口の英語でよくわからんかったけど、どこぞの大学?で写真講座のアシスタントをしてるらしい。

彼いわく
「はじめは目に見えるものが新鮮で、写真を次々撮っても面白い。」
「でも数日そこで過ごすと、僕は何か新しいものを探すようになるんだ。」

確かにその通り。
シャウエンに到着した日は、きれいな青い壁やドアや路地を見つけては夢中で写真を撮ってたけど、
三日目ともなると新鮮さはなく、今一つ調子が出なかったりする。

そんなところで彼が見つけたのがこちら。
「青い壁にオレンジがナイスだ。」


割とすぐに別れて別々似写真を撮ったけど、その日は特に、ちょっと視点を変えてみようという気になった。

廃墟に残るブルー。


ガズメーターのブルー。


ブレーカー?のブルー。コードの色もかわいい。


ブルーに、ブラックとグリーンの配管。


ブドウのツタとはまた違うグリーン。


ブルーのグラデーション。


よく見ると、ゴミにもいろんな色が詰まっている。


なかなかどうして、カラフルですな!


鮮烈!


こういうの見つけると写真撮るん楽しいてしゃーない!


瓦の裏にもうっすらブルー。枯草の色もいい感じ。


ん〜何か全体的にうっすらブルー!(無理やり)



とまあこんなところでシャウエン観光終了!

ハッパの売人がしつこかったり、宿で南京虫にやられたり、外付けハードディスクぶっ壊れたりと、
なかなかひどい目にも遭いましたが、メディナでの感動はそれらを十分上回ってくれました!

楽しさを反映してか、モロッコのブログの記事がやたら多い。
「これいつモロッコ編終われるんやろか…笑」と書きながら思ってたけど、それもそのはず。
ここまで旅してきて、一カ国で町を5か所周ったのは最多!
振り返ってみると今まで一カ国2、3か所くらいしか見て来んかったのね…何とも駆け足。

いやーほんまにルート変更してモロッコ寄っといて良かった!
初アラビア圏ということもあって、めちゃくちゃ楽しかった!


雑貨好き
幾何学模様好き
ごちゃごちゃ好き
砂漠好き
写真好き
タジン好き
シャウエン好き


これらに当てはまるあなた!
モロッコへ急げーーー!!!!






モロッコ編・おわり