読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[9]アルゼンチン]イグアスの滝〜悪魔ののどぶえ+イグアスの生き物〜

ブエノスアイレスにまで来たのは南米の目玉の一つ、
イグアスの滝へ行くため!!!

ナイアガラの滝、ビクトリアの滝とともに世界三大瀑布に数えられるイグアスの滝
ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの国境に位置し、ブラジル側とアルゼンチン側から見ることができます。
少し前までは滝を見るだけならノービザでブラジル側も行けたようなんですが、
最近は規制が厳しくなってビザなしで入国すると出国時に罰金取られることもあるみたい。

ブラジル側とアルゼンチン側ではアルゼンチン側のほうが迫力があるとのことやったし、
滝だけのために何十ドルもかけてられへんからブラジル側はパス!


ということで、ブエノスアイレスから夜行バスでイグアスの滝の拠点となる町、プエルト・イグアスへ向かいます。


料金は片道一万円くらい(!!!)
しかしこれでも学割使って最安値。物価の高いアルゼンチンでもさらに割高!
3,4年前までは五千円くらいで行けたのに…。

このようにアルゼンチンのインフレはんぱないです。
物価が1年前の1.5倍や2倍になってることもざら。
地球の歩き方に乗ってる値段は確実に信用できません。笑


そんなもやもやを腹に収めつつ出発。



2等やけど車内はきれいでリクライニングもばっちり。水・コーヒーもフリー。



景色を楽しみながら、一路北へ!






車内食も出ます。味はまあまあやけど、男子としては量に異議あり



翌朝。赤土の地面が増えてきた。





約20時間でプエルト・イグアスのバスターミナルに到着!
目をつけてた宿に荷物を置き、さっそくイグアスの滝を拝みにいく。


チケット。やっぱり値上がりしてた。(2000円ちょい)

なお、このとき受付で「明日も入りたい!」と申しこめば二日目は半額(それでも高い)で入れます。
手続きには本人確認のためパスポートが必要。


イグアス国立公園に入ると遊園地みたいな列車にタダで乗れる。奥まで行くのに便利。



にしてもやっぱり熱帯地方なだけあって暑い…!!
そして売店のぼったくりかたもひどい!500mlコーラが4ドルって!!
買いましたけどね!!


初日はまず、「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる一番でかい滝まで行ってみる。



おお〜〜霧のような水しぶき。




そして


どーん!





はい。

でっかいです。

水しぶきが半分雨みたいになってすぐびちょびちょなります。

毎分何万リットルもの水が流れていきます。
これでも少ないほうで、雨期やとさらに水が増えて迫力が増すみたいです。


いやはや…

さすがは世界三大瀑布!!!!

すっごおおおおおおい!!

感動おおおおおお!!!

んもうすてきぃぃぃきゃいーーーん!!!












……とか言いたいとこなんですが。

正直「ああこんなもんか。」で感想は終わってしまいました。


思えばこのときから僕の「旅マグロ症候群」は始まっていたのでしょうか。




とりあえず、悪魔ののどぶえに関しては




水しぶきであんまり見えない。

すでにナイアガラを見たからか、一人で行ったからか、それとも前評判から期待しすぎたのか。

水しぶきを浴びて「あーマイナスイオンやー」て思うだけ。
確かにすごいとは思うんやけど…。

それはともかく、せっかくやしイースター島から来た彼らで遊んでみる。



展望台はこんな感じ。



公園内には大小無数の滝があり、それを見ながら周ることもできます。
まずは「滝の上」トレイル。



ナイスビュー+虹!

感動とまではいかなくても、これは楽しい!





下にも遊歩道があります。



はしゃいどるはしゃいどる笑



続いて、上の写真のとこへ行ける「滝の下」トレイルへ。



途中で対岸にアクティビティ発見!



ロープで下まで降りて、そこからボートに乗って川下りとかするっぽい。



森林浴しながらずんずん歩いていきます。



これまたナイスビュー!



一番奥には大きめの滝。めっちゃ近くまで行けて、ナイアガラのハリケーン・デッキみたいな感じ。


で、やっぱりイグアスでも行き倒れ写真がほしい!と思ってチャレンジ!

少しずつ枚数を増やしている僕の「世界で行き倒れシリーズ」ですが、実は割と大変なのです。


まず、自分一人で撮れることはごく稀なので、たいがいその辺の人にお願いして撮ってもらう。

ここでは公園のスタッフが写真撮影を自ら名乗り出て、いろんな人のを撮ってあげてたのでお願いしてみた。








しかし






外国人に頼むと








十中八九こうなる。

なぜに滝を目の前にして俺のクローズアップ…










ちゃうねんちゃうねん。





ほら、




滝がこうあるから、




俺をここに据えてな




あ、OK?わかってくれた?




ほなお願いします〜




(よいしょ…ああ床が水浸しで冷たい…)





あ、は〜い





はいはいありがとう〜





さあ!できばえは!?












やっぱり俺が真ん中。


なぜにっ!!なぜにここまで絵心が無いのかっっ!!!!




この行き倒れシリーズ。
人に撮ってもらうため、自分が納得いくまで撮ってもらうのは難しいのです。
細かい注文するのが気が引けたり、伝わらなくてもうええわと諦めてしまったり。
外国人やととくに。






で、たまたまいた日本人の人にお願いすると









こうなる。


日本語で俺のやりたいことが伝えられたってのもあるけど、やっぱ日本人、特に若い人の方が絵心がある気がします!
(でもこれは場所がイマイチやと思ったので結局ボツに)



びちょびちょになりましたが、歩いてたら乾くので園内を散歩。


イグアスの公園内には自然がいっぱい。
とくに多いのが蝶々(蛾?)






わんさかおります。









しかし、やっぱりいっぱいおると気持ち悪い。笑






そしてこいつら、すぐ人の体に留まる。



ちょ、そこは花畑じゃ…



だからそれは植物じゃないって…



…………。




カメもいますが




彼も蝶々に困っています。


この鳥もよく見た。きれい





あと有名なのが「ハナグマ」!

エサやる人がいたり、ゴミ漁ったりしてすっかり人慣れしてしまっています。

可愛い。








自慢の長い鼻で地面を掘り餌を探すのが本来の姿っぽい。



あとサルもいます。



しかし!こいつらに襲われるとけっこうな怪我になるみたいなのでご注意!





そう。かわいいハナグマも、実は鋭いキバを持っている。


かわいらしいポメラニアンも、実は肉を食べるための牙をちゃんと持っているのだ。
きゃしゃで一見可愛らしいルックスのポメラニアン系男子も、ときには牙をむき、女の子にアプローチしなければならない!!
そうでなければ、種の保存は図れないっっっ!!!!!

そんな話を出発前に後輩としたのは記憶に新しい。
その後、後輩はポメラニアンの牙」という新曲制作に取り掛かっていたが、あれは完成したのだろうか。
帰国後に聴くのが楽しみである。



さーて次回は!メインイベント!この滝に打たれてきます!!



つづく