読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[8]チリ]イースター島〜〜三日目?〜



モアイと出会い、早三日目。

初日、二日目とレンタカーで島を周り、見どころはだいたいコンプリート!!

これでもうドライブはええかな、と思ってた時


美人姉妹にドライブに誘われる。


そういや昨日一昨日は天気ぱっとせんかったし、左ハンドルの運転も貴重な機会やし、美人姉妹のお誘いやし、モアイは何回見ても飽きひんし、美人姉妹のお誘いやし、時間は全然余裕あるし、なんてったって美人姉妹やしななどと冷静かつ客観的に現状を把握した結果OK!!


ということで


美人姉妹・姉の祥子さん、妹のれいちゃん、そして美人お母さん(?)のれいこさん、私

の4人でドライブすることに。


まずは宿で「イッテQ」などのイースター島特集を見て予習。



いざ出発。


コースは先日周ったのとほぼ同じ。
ただし僕の独断で、ハイライトとなるところを絞ってまわっていくことに!


まずはオロンゴ儀式村。




僕「え〜あの島はその昔、先住民が競争のため泳いで鳥の卵を取りに行きですね〜」
美人「へえ〜〜」



僕「はいここからこの中のぞけますよ〜モアイが中にいたとこもありますよ〜」
美人「へーー!!!」



僕「はいこちら火口湖です〜いや〜今日はよく晴れてますね〜みなさん運が良いですよ〜」
美人「きゃーすごーい!!」



僕「はーいこちら上りますと火口湖がもっとよく見えますね〜〜」




美人「きゃーきれーーーーい!!!!」










れいちゃん「豪さんすごいですね〜ガイドさんみたいです!」

僕「いや〜二日前に一緒に来た人が言うてたことそのまま言うてるだけありがとう(きりっ)










うーん、楽しい♪










美人たちとのドライブは順調に進みます。







火口湖のあとは




牛見ーの



アフなしモアイ見ーの



モアイと一緒に倒れーの



美人も一緒に倒れーの



さらにストイックにやってみせーの



モアイの名産地行きーの




モアイの唇奪いーの(心なしかモアイが泣いているように見えなくもない)



プリ・ケツ男見ーの






アフ・トンガリキ眺めーの(ケツ男のだいたいケツの先に15体がいる)



未完成の20メートル超えモアイ見ーの、と



テンションの上がる感じで、モアイと親交を深めていきます。


こちらの姉妹、肝心なときはだいたい晴れるらしい。
持ってます。




「あの鼻から出てきたいんですーーーー!!!!!」れいこさん。(どっちかって言うと入りたそう)








さすがに2回目となると、見て回るのにも余裕が生まれます。


奥手そうなモアイにきゅんと来たり




ゆがんでんな〜と気になった人を



直してみたり




いちゃついてみたり





( ´∀`)/ 楽しみ方・無限大!!!!



我ながらええツアーや…。




ってな感じで、イースター島大満喫!!

この日はほんまにめちゃええ流れでした。

長いので2回に分けます。



つづく