読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[6]エクアドル]ガラパゴス〜サンクリストバル島・動物編〜

サンクリストバル島でお目当てやったアシカのコロニーは堪能したので、2日目は適当に歩いてみる。



すると!?





おおおおーーー!!!



ガラパゴスでトップクラスの人気者アオアシカツオドリ」さんに遭遇!!






くりっとした目がなんかキュート。

繁殖期にはこれまたキュートな求愛ダンスを見せてくれるみたいでーす。

離島までツアーで行かな見られへんと思ってたので町中で見れてラッキー!

るんるん気分で行きます。





コロニーでなくても、もうどこにでもアシカが…。たぶん島民より多い。



枝をはみはみするアシカの赤ちゃん。



浮浪者のように横たわるおっさんアシカ。

ドヤ街の朝方みたい…笑





さらに歩いてると、何やら熱い視線が・・・。





そして出会ったのがこのお方。





「おうワレ、どこのもんや。」





あ、日本という国から来ました大谷と申します…





「ほうか。この島は何もあらへんけどな、まあゆっくりしてったらええわ。」




あ、ありがとうございます…。



「これ選別や。(ぶびゅっ!)」



大量のノーモーションう○こを頂きました。ごっつあんです。



何かガラパゴスの思い出はう○この搭乗率が高いな…。笑





天気もいいのでさらに歩きます。



サンクリストバル島の港は3つの島で一番整備されてるっぽい。子供用の遊具もあり。



でもアシカに占領されてます。






さらに言うとベンチも占領されてます。




しかも人が近づくと威嚇する始末!!けっこう怖い。笑




夕暮れに再び散歩へ行くと、ずーっと鳴いてるアシカに遭遇。


何か悲痛な感じの鳴き声やなあ…と思ってたら、遠くからもう一頭の甲高い鳴き声が…。

すると岩陰から子供アシカがひょこっと顔を出し、大きいアシカを見るなり全力ダッシュ!
(というか全力はいはい)

「オウッオウッオウッ!」と鳴きながら、感動の再会を果たした親子。

安心したらお腹も減ってきた!

夢中で吸ってたなあ。







本来ならばキッカーロックというポイントへの日帰りシュノーケリングツアーに参加し、
ハンマーヘッドシャークやエイ、ウミガメ、アオアシカツオドリのコロニーなどなどを見る予定やったんですが、
時期や人数の関係で、聞いてた値段の倍ぐらいするツアーしか無い…。
しかも見たかったアオアシカツオドリは見ちゃったしな…ということでツアーはやめ!


残りの時間、サンクリストバル島でとにかくのんびりしてみました。




つづく