獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[6]エクアドル]ガラパゴス〜イザベラ島?〜

イザベラ島二日目。



この日は自転車で島内をサイクリング!




イザベラ島の道路はほとんど舗装されていないうえ、タイヤの空気が心もとなかったので、
その辺の兄ちゃんにどっか空気入れ貸してくれるとこない?って聞いたら、

「着いてきな!」

かっけ〜


で、着いたのがここ。








ばっちり空気を入れてもらい、いざ出発!!


う〜ん、島ですなあ。きもちいい。








で、イザベラ島で自力で行けそう・かつ一番面白そうと思ったのがこちら。



チャリを置き、マングローブの生い茂る道を進む。



お!!



ガラパゴス・モウユデラレガニ」!!!


カニと言えば、茹でたら赤くなるのが常識。
しかしこのカニ、

茹でられる前から赤いんです!!


茹でたら何色になるかは未確認どえーす。
さらに言うとちゃんとした名前も知りませーん。



さらに奥へ進むと


ん?


おお!?



アシカの子供がお昼寝中でした。




「ねっっむ……」という感じで反りくり返りまくり。



人間が寝起きにこっくりこっくりやるのと一緒かな。
方向逆やけど。



勝手に2ショット!
悪い顔してんなあ…笑



まだ眠たい。



あ、2度寝突入。








か〜わいい〜。





で、もうちょっとだけ行くと、入り江に出る。




桟橋から下をのぞくと…


おお!!





「日本からよく来たね!一緒に泳ごうよ!!!」

アシカたちからのラブコール!!!(確実に違う)



好奇心旺盛な彼ら。






他に誰もいなかったのでその場で水着に着替え、
アシカ3匹×僕1人でハーレム状態!!!


泳いでると、最初は遠くからうかがってるだけやけどだんだん近づいてくる。
で、1mくらいのとこまで来るとぷいっ!と向きを変えてまた離れていく。


もうか〜〜〜わいい〜〜〜〜〜!!!!!


実は前日のダイビングでもアシカと泳いでたけど、この日は何の装備もないし、
ふっつ〜に歩いて行けるとこでこんな体験ができるとは思いもよりませんでした!


すごいぜガラパゴス!!


しばらくすると人も増えてきて、アシカたちもどっか行ってしまったので移動することに。


でもこいつは最後まで寝てた。






イグアナ同様、一緒に寝てみる。



こいつに限らず、ガラパゴスのアシカは基本寝てます!!!














天敵もおらんし、海に行けば餌はあるし、そりゃあ寝ときたくもなりますわな。

ちなみにアシカたちには触ろうと思ったら触れますが、もし人間の匂いが付いてしまうと群れで仲間外れにされる可能性があるためお触りは禁止となっております。



港の方へ歩いてみる。



おーおるおる。






何とも無気力な…。



何か相談しとる…。




お、どうするんかな?




周りの様子をうかがって…




行くでーーーーーーーー!!!!!!!!




「母ちゃん気をつけてね!」





おお!!





「母ちゃんすごーい!!」
「ふふふ。あんたもこれくらいはできるようにならないとね…!!!」





「何しとんねん。(ばしっ!!)」
「ああっ!!」
「母ちゃーーーーん!!!!」




といった感じで



来るつもりのなかったイザベラ島、めっちゃ楽しい。笑



つづく