獣の旅と音楽

旅の思い出、獣医としての生活、あと音楽とか

[[4]メキシコ]グアナファト〜最終夜〜

先走ってピピラに昇ったあと、再び一人町歩きを楽しむ。











ガスボンベを運ぶおっちゃん。



理系の人なら2本一気に素手で運ぶこのおっちゃんの偉大さがわかるのでは!


メキシカンなおっちゃん。



ナイスポージングなおっちゃん。





二人一緒に。




いったん宿へ戻って休憩。


近くの広場でじいちゃんばあちゃんが踊ってるのを見て





夜7時、テアトル・ファレス前にてボラちゃんたちと合流。



昼に一人歩いた道とは違う道を通り、この日2回目のピピラに到着!



西日が差してきてます。


昼間も良かったけど、夕暮れからだんだん明かりが灯っていく街並みがめっちゃ良い。













女性陣はお喋りが止まらん様子やったけど、男性陣を代表して

「ボラちゃん!腹減った!」

と、晩御飯タイムに移行してもらった。





この日の晩御飯はピザ!



またまた小洒落たお店。しかも安い。



ビールはボヘミア!うまーい






続いてバーへ。


ウヨンが、「メキシカンドリンクにトライしてみる!?」と言うので、受けて立つ。


ビールに、果物ジュースサルサソーススパイス?をぶち込んだこの一品。

その名も「ミチェラーダ」!!!




破壊力抜群!!




厳しい戦いを強いられる僕、ウヨン、サーシャ。


ごっくごく飲み続けるパコイ。


最終的にみんなが飲みきれなかった分をもらってご機嫌なパコイ。


やはりネイティブメキシカンは違うぜ…。




飲んでたら雨が降って来た。

屋根のある席はすべて埋まってたので、これにてお開きに。



強盗が出るかもしれないので、女性陣はタクシーにて帰宅。

僕の宿は近いので、歩いて帰ることに。

別れ際に、ボラちゃんが「明日のバスは何時?見送りに行くよ!」と言うてくれた。

「え、授業は!?」

「私、暇だから!!!!」

さすがボラちゃん!!!!





ウヨン、サーシャとはこれでお別れ。

しかし彼女たちはあっけなくタクシーでぶいーんと帰って行きました。笑




帰り道、雨上がりの夜の街の写真を撮りながら歩く。







地面が濡れてると、光が反射してきれい













翌朝、町の中心プラザ・デ・ラパスで待ち合わせ。


パコイは大学で日本語を習っているらしく(でもほとんど話せない)、
待ち合わせ場所のベンチで宿題の「ひらがな全文字書き取り×10枚」に苦戦してた。

ちょっと書いてみてと言われ、ひらがな・カタカナをささっと書くと尊敬のまなざし笑。

そういや去年南アフリカ行ったときも、土産物屋のお姉さんたちに「漢字書いて!」と言われ、
自分の名前をささっと書いたらマジックでも見てるみたいな目で見つめられたな。

外国人にとって、日本語のハードルは結構高いみたいです。



ボラちゃん、パコイと写真を撮って


バスターミナルへ。




来たときはウヨンと一緒やって、すぐボラちゃんたちと友達になって、
でも今は一人か〜…と思うとさびしくなってしまった。


ほんまにひょんなことから予想外の方向に展開して、
またきっと一生忘れへん出来事に出合えて良かった!

facebookではつながってるけど、そのうち韓国行かなあかんな!
良い出会いでした!!!



メキシコ編・おわり。